World Tour 2009

 
 




今年のプログラムを開催するにあたって、

「今は正に、スピリチュアルのための時間が大切な時代である」ということをお伝えしたいと思います。具体的に言うと、「今は現実の問題に時間を費やすのが当然で、スピリチュアルに関しての時間を割く余裕はない」という認識を持つ方々にこそ、アンマの愛とメッセージを受け取っていただきたい、来場していただきたい、ということです。


日本の現在の主な社会問題には、共通の要素があります。それらの問題は基本的に同じ社会の現実(一つ)を様々な観点から反映しているだけです。我々は様々な問題について話すかもしれませんが、現実は一つだけだと(一つの社会経済的な実態)覚えておくことが重要です。社会は単に個人の融合に過ぎず、実際に我々が見ている現象は、現在の日本人の心の状態だ、ということを忘れるべきではありません。家庭崩壊、高齢者介護、失業、自殺などいくつかの問題が挙げられます。


これらすべての問題に共通のテーマ、今日の世界にとって何よりも必要なものとは、“ホリスティック・ビジョン”です。つまり、思いやりに満ちた行動と、生命の相互関連性を見出せる全体的なビジョンです。我々の幸福と繁栄は孤立して存在しているわけではありません。全世界は経済的、生態学的、心理的、精神的に密接な相互関連性を持っています。今日の危機的状況にプラスの副産物があるとすれば、それは遠い世界の片隅で起きている誰かの人生の浮き沈みが、我々一人一人に非常に明白に直接的な影響を与えている、という現実を目の前に明らかにしてくれたことです。

北極または南極で氷山が溶ければ、それは東京に住む私たちに影響を与えます。アマゾンの木を切り倒す時、その影響は地球の反対側で絶滅の危機に瀕した動物にまで及びます。中東戦争で後に残された親または子が、悲嘆に暮れて泣くとき、その映像は世界中のテレビ視聴者に影響を与えます。


ノーベル賞受賞者(1933年)のポール・ディラックの言葉を借りれば、「地球上の花を摘むと、最も遠い星が移動します。」ということになるでしょう。そして今我々は、遠い星のことを思うまでもなく、影響は今この瞬間、ここで感じている、という事実をしっかりと見つめるしかないのです。


苦悩を抱え、捨て鉢になった人々に対して、思いやりあふれる社会を作るため、我々一人一人が、その解決の手段であり、私達が本当にそうしたいと思うなら、この自分の行為や言葉、そこにある愛や思いやりによって、今ここで、世界に大きな影響を与えることができるのです。


私たちの命がお香のように芳しい香りを漂わせるようにと祈りましょう。

その香りが広がって、すべての生きものに届きますように……。


     

     2009アンマ来日プログラム実行委員長  Br,シャーンタアムリタ

 

アンマ来日プログラム

 

昨年のアンマ来日プログラム会場

アンマ来日プログラム

 

©2009MAセンター

© 2009MAセンター

 

© 2009MAセンター

 
 

© 2009MAセンター

 
 
 

"抱擁"はあなたへのメッセージ